【大谷翔平vsグリーンモンスター】7戦ぶりリーグトップタイ11号ソロ グリーンモンスター越える特大弾


NO.9481004
大谷翔平、7戦ぶりリーグトップタイ11号ソロ グリーンモンスター越える特大弾
大谷翔平、7戦ぶりリーグトップタイ11号ソロ グリーンモンスター越える特大弾
○19日の先発登板の回避が決まるも、6試合ぶりのマルチ安打
■Rソックス 4ー3 エンゼルス(日本時間15日・ボストン)
 エンゼルスの大谷翔平投手が7試合ぶりの一発となる11号ソロを放った。14日(日本時間15日)、敵地でのレッドソックス戦に「2番・DH」でスタメン出場。初回の第1打席で初対戦となった右腕ニック・ピベッタ投手から左翼フェンス直撃の二塁打を放つと、6回の第3打席で特大のアーチをかけた。なお、エンゼルスは3-4の逆転負けで3連敗を喫した。

 7試合ぶりの一発が飛び出した。初回の第1打席でピベッタが投じたカーブを捉えて左翼フェンス直撃の二塁打。3回の第2打席は空振り三振に倒れたが、第3打席で今度はカーブを左翼スタンドへと運んだ。左翼にそびえ立つ約11メートルのグリーンモンスターを越えていく驚愕の一発。二刀流の“元祖”ベーブ・ルースがプロデビューを果たしたボストンのフェンウェイパーク初めての本塁打となった。

 投打同時出場も含め、この日で全37試合に出場している大谷。試合前にジョー・マドン監督は、18日(日本時間19日)のインディアンス戦で見込まれていた次回先発登板予定を、疲労のため先送りすると明かしたが、欠場することなく打席に立ち、そして結果を残してみせた。

 今季11本塁打目となり、インディアンスのホセ・ラミレスに並び、本塁打数はア・リーグトップタイに再浮上。6日の(同7日)のレイズ戦以来、本塁打が出ておらず、7試合ぶりの本塁打となった。また、この日2安打として、7日(同8日)のレイズ戦以来6試合ぶりのマルチ安打となった。

 エンゼルスは大谷の本塁打で1点差に迫..
【日時】2021年05月15日
【ソース】Full-count
【関連掲示板】


【【大谷翔平vsグリーンモンスター】7戦ぶりリーグトップタイ11号ソロ グリーンモンスター越える特大弾】の続きを読む


【シバター商法】 魔裟斗に1億円で対戦オファー「僕に勝ったらさらに1億円払う」


NO.9483812
シバター 魔裟斗に1億円で対戦オファー「僕に勝ったらさらに1億円払う」
シバター 魔裟斗に1億円で対戦オファー「僕に勝ったらさらに1億円払う」
 人気ユーチューバーのシバター(35)が因縁の元格闘家・魔裟斗(42)に「1億円」マッチをオファーした。

 シバターは、魔裟斗と格闘家・朝倉未来が動画でコラボした際に〝上から目線〟の魔裟斗に違和感を示し、自身のチャンネルでくさしまくっていた。

 15日深夜にはタイトル「魔裟斗さん、1億出します。RIZINドーム大会で俺と戦ってください」で動画を配信。

 これまでの態度とは打って変わって、シバターは画面に登場するや土下座スタイルで「これまでの無礼、すいませんでした」と頭を下げる。

「悪口、あおりは抜きにして、お願いがあります。RIZIN東京ドーム大会で俺と戦ってください。お願いします」と6月13日に開催される「RIZIN.28」での対戦をオファー。魔裟斗は現役を引退し、リングに上がるメリットがないが、シバターは「ファイトマネーは1億円出します。僕の貯金でお金は全然あるんで。僕に出させてください」とまさかの自腹。

 それだけではない。「勝てば勝利者ボーナスとしてさらに1億円。僕に勝ったら2億円差し上げようと思っています」と超破格のギャラを提示した。

 大事な対戦ルールについては「魔裟斗さんはMMA(総合ルール)はやりたくないと思うんで、キック(ルール)でいいです。あなたの得意なキックで構いません。3ラウンドないし4ラウンド。体重は無差別でやらしていただければと思います」。

「僕は魔裟斗さんがどこまでできるのか、みたいと思っています。いかなる達人、チャンピオンでもウエート差には勝てないと思っています。私は十中八九..

【日時】2021年05月16日 10:11
【ソース】東スポWeb


【【シバター商法】 魔裟斗に1億円で対戦オファー「僕に勝ったらさらに1億円払う」】の続きを読む


【最新生活保護申請数】8・1%増2月、新型コロナが影響か


NO.9471386
生活保護申請、8・1%増2月、新型コロナ影響か
生活保護申請、8・1%増2月、新型コロナ影響か
 厚生労働省は12日、2月の生活保護申請は1万7424件で、前年同月と比べて8・1%増えたと発表した。前年同月からの増加は6カ月連続。2月には新型コロナウイルス緊急事態宣言が最大11都府県に発令されており、感染拡大による厳しい雇用情勢の影響が出たとみられる。

 2月から生活保護を受け始めた世帯は1万6518世帯で、前年同月比で9・8%増えた。



【日時】2021年05月12日
【ソース】デイリースポーツ


【【最新生活保護申請数】8・1%増2月、新型コロナが影響か】の続きを読む


【明石家さんま(65)はコロナワクチン拒否!?】ワクチン打ちたくない理由は「打ったら体が変わってしまう」


NO.9484415
明石家さんま65歳、ワクチン打ちたくない理由は「打ったら体が変わってしまう」
明石家さんま65歳、ワクチン打ちたくない理由は「打ったら体が変わってしまう」
 明石家さんまが、15日放送の『MBSヤングタウン土曜日』(MBSラジオ) で、65歳でありながら、 新型コロナウイルスのワクチンを接種しない意向を表明した。


 さんまは、同じく65歳の浅田美代子から昨日、「ワクチンどうするの?うちは(接種のお知らせが)来たけど?」といった電話がきたことを明かした。この相談に対し、さんまは「僕は打たないつもり。誰かに回してあげたいと話した」と振り返った。

 一方、浅田は「私どうしようかなぁ」と悩んでいたそうで、これに彼は「いやあ、美代子さんも打たないほうが(いい)」と勧めたと告白。理由としては「今まで2人とも菌にかかったことないから」というもの。

 今年7月で66歳になるさんまは、「66年間、一回も(ワクチンを打ったことが)ないんですよ。ここでワクチンを打つと、体が変わってしまうので俺は打たないって(決めている)」と述べた。

 続けてさんまは、浅田とのやり取りを回想。彼女が「でも私、どうしようかしら?打ったら頭が良くなるかも分からない」と言っていたため、さんまは「(腕に)注射するよりも頭に打ったらいい」と助言したそう。このアドバイスに「(浅田は)『ひどーい』と言ってそれから電話こなくなりましたけど」と笑っていた。



【日時】2021年05月16日 15:30
【ソース】RBB Today


【【明石家さんま(65)はコロナワクチン拒否!?】ワクチン打ちたくない理由は「打ったら体が変わってしまう」】の続きを読む


【少年法の行方】18〜19歳は『特定少年』どう変わる?少年法改正へ


NO.9470641
18〜19歳は『特定少年』どう変わる?少年法改正へ
18〜19歳は『特定少年』どう変わる?少年法改正へ
罪を犯した少年の扱い方を定める『少年法改正案』の審議が、国会で大詰めを迎えています。

18歳、19歳が事件を起こすと、これまでより厳しい扱いになる内容ですが、来年の春に成人年齢が18歳に引き下げられることから議論が始まりました。

現在の少年法では、逮捕された少年は、家庭裁判所で保護処分が決まると、少年院などに入ります。原則、検察官に送られ、大人と同じ刑事裁判を受けるのは、殺人など被害者を死亡させた罪だけです。

改正案では、18歳と19歳を新たに『特定少年』と定めます。強盗や放火などの罪も対象となり、有罪になれば、更生を重視する少年院ではなく、刑務所で刑罰を受けることになります。

19歳の時、窃盗の疑いで逮捕された男性(26)は、少年院で更生のきっかけをつかみました。当時は「後先を考えていなかった」と振り返ります。

少年院を出た男性:「同じような生活を送っていたら、結局は大人になって、もっと悪いことをしていたんじゃないかな。やり直しもできる、変われる年齢なので(少年院に)入っておいてよかったなと」

男性は現在、東京都内のリフォーム会社で働いています。

少年院を出た男性:「もちろん被害者が出るというのもそうですけど、自分自身も、もう人を傷つけることはしたくないなって。変わらないといけない、このままじゃまずいと感じるのが“やり直し”かなって」

改正案ではもう1つ、大きく変わる点があります。

これまで20歳未満は原則匿名でしたが、改正後は特定少年について、起訴された時点で実名での報道が可能になります。

少年事件の被害者遺族のなかには、..
【日時】2021年05月11日 23:30
【ソース】テレ朝news


【【少年法の行方】18〜19歳は『特定少年』どう変わる?少年法改正へ】の続きを読む

このページのトップヘ