【酷すぎるセクハラ】「嫁を一晩貸せ」「お母さんと寝させろよ」「いい尻しとるな」「触っていいか」 第三者委調査で判明、笠松競馬場「セクハラ調教師」の衝撃語録


NO.9367983
「嫁を一晩貸せ」「お母さんと寝させろよ」「いい尻しとるな」「触っていいか」 第三者委調査で判明、笠松競馬場「セクハラ調教師」の衝撃語録
「嫁を一晩貸せ」「お母さんと寝させろよ」「いい尻しとるな」「触っていいか」 第三者委調査で判明、笠松競馬場「セクハラ調教師」の衝撃語録
数々の不祥事が明るみになっている岐阜県の笠松競馬場で、今度は男性調教師によるセクハラ疑惑が出てきた。

この調教師は、複数の女性スタッフらに対し、体を触ったり卑わいな言葉をかけたりしていたという。その詳細な内容が、同県地方競馬組合が設置した第3者委員会がまとめ、2021年4月1日に公表された報告書で明らかになった。

■「いい尻しとるな」「触っていいか」
 「いい尻しとるな」「触っていいか」「触るぞ」。証言によると、男性調教師は、レース中に移動しているバスの車内で、ある女性きゅう務員に対し、こんな言葉をかけて、お尻を触るなどしていたという。また、別のきゅう務員と交際していることを知って、 「昨日、(交際相手)とやったか」と発言したという。

 笠松競馬場を巡っては、騎手らによる所得税の申告漏れが発覚し、禁止されている馬券購入の疑いが出てきた。馬券購入では、岐阜区検が3月29日、元騎手と元調教師の4人を競馬法違反の罪で略式起訴している。

 競馬場は、岐阜県と笠松町、岐南町でつくる一部事務組合である同県地方競馬組合が運営している。組合では、相次ぐ不祥事を受けて、第3者委の不適切事案検討委員会を設置し、同委で関係者に聞き取り調査を進めてきた。その結果が4月1日に報告書としてまとまり、競馬場の公式サイトで発表された。

 報告書では、所得税申告漏れや違法馬券購入の疑惑のほか、常態化していたというセクハラについても、関係者の証言をつづっている。



【日時】2021年04月02日 14:47
【ソース】J-CASTニュース


【【酷すぎるセクハラ】「嫁を一晩貸せ」「お母さんと寝させろよ」「いい尻しとるな」「触っていいか」 第三者委調査で判明、笠松競馬場「セクハラ調教師」の衝撃語録】の続きを読む


【那須川天心】キックボクシング引退を正式発表!次はボクシングだ!


NO.9388070
那須川天心、キックボクシング引退を正式発表!
那須川天心、キックボクシング引退を正式発表!
TARGET / Cygamesは10日、所属する那須川天心が、同日に放送されたTBSテレビ系『炎の体育会TV』で発表の通り、2022年3月開催予定の『RISE』での試合を最後にキックボクシングを引退し、ボクシングへ転向することを発表した。
那須川が今後出場するキックボクシングの試合数は、最少で2試合、最大でも4試合を予定。また、キックボクシングを引退後は同2022年中のボクシングデビューを目指す。2022年、RISE世界フェザー級王者・那須川が、迎え撃つ立場を捨て、ゼロからの挑戦者となる。
史上最年少16歳で 『RISE』のバンタム級王座を獲得し、「神童」、「キックボクシング史上最高の天才」などと称されている那須川。2022年3月をもってキックボクシングを引退し、ボクシングへ転向することが正式に決定した。
現在はキックボクシングの練習に加え、パンチの技術を上げる練習をメインにボクシングデビューに向け準備中。キック引退の2022年中にデビューを目指す。那須川は最強のチャンピオンとして、ここ数年、常に挑戦者を迎え撃つという立場だったが、その立場に甘んじることなく、“常に挑戦していたい”という本人の思いから、キックボクシングを引退し、ボクシングへ転向することに。
転向に対して、本人は「キックの技術があるからこそ、ボクサー相手にも通用する部分があると思う。転向へ向けてボクシングの練習を開始してからは、毎日刺激しかない。ボクシングにおいては一番下からのスタートだから、上にどれだけ強い選手がいるんだろうってわくわくする」と話している。
■那須川天心コメント

――キックボクシングへの思いを教えて下さい。
那須川:プロの格闘家の道に進ませてくれたキックボクシングには愛着もあり、感謝の念が強いです。しかし、まだ22歳。“無敗のチャンピオンとして挑まれる立場”のキックボクシングは一旦ここで卒業し、自分がゼロからの挑戦者になれるボクシングの道を次のフィールドとして選びました。
――キックボクシング残り数試合、どのような気持ちで臨みますか?
那須川:全試合KOしたいですね。ただ、引退へ向けたカウントダウンとなる数試合だからといって、いつもと何かを変えるのではなく、これまで通りの準備・調整をして試合に臨みたいと思っています。
――ボクシング転向への意気込みをお答えください。
那須川:ボクシングではゼロからのスタートなので、“挑戦者としての那須川天心”が勝ち上がっていく姿を、ぜひ見ていただきたいです。
――ファンへ一言お願いします。
那須川:キックボクシングは2022年3月で卒業しますが、必ずボクシング業界でも革命を起こします。皆さん引き続き応援宜しくお願いします!

【日時】2021年04月10日
【提供】Entame Plex
【関連掲示板】


【【那須川天心】キックボクシング引退を正式発表!次はボクシングだ!】の続きを読む


【米ラッパーDMX】全米チャートを席巻したラッパー、DMXが50歳で死去


NO.9387427
全米チャートを席巻したラッパー、DMXが50歳で死去
全米チャートを席巻したラッパー、DMXが50歳で死去
過去5枚のアルバムで全米1位を獲得するなど、今なお影響力のあるMCの一人「DMX」ことラッパーのアール・シモンズが死去。現地時間9日、心臓発作を起こしてから1週間後の金曜日に、ニューヨーク州ホワイトプレーンズのホワイトプレーンズ病院で亡くなった。

シモンズの家族は、彼の死について「深く悲しんでいる」と述べ、「ここ数日、生命維持装置につながれていたが、彼は家族に見守られながら亡くなりました」と付け加えました。「アールは最後まで戦い続けた戦士でした」と家族は声明で述べています。「彼は家族を心から愛し、私たちは彼と過ごした時間を大切にしています。アールの音楽は、世界中の数え切れないほどのファンにインスピレーションを与え、彼の象徴的なレガシーは永遠に生き続けるでしょう。私たちは、この非常に困難な時期に、たくさんの愛と支援をいただいたことに感謝しています。弟であり、父であり、叔父であり、そして世界がDMXとして知っていた人物を失った悲しみの中、私たちのプライバシーを尊重してください。追悼式については、詳細が決まり次第、お知らせします」

4月2日、シモンズは心臓発作で病院に緊急搬送された。緊急事態発生後30分間、脳から酸素が供給されなかったと言われており、ICUで危篤状態が続いていた彼を応援するために、家族や友人、ファンがホワイト・プレーンズ病院の外に集まり、祈りを捧げていた。その後、脳機能テストが行われ、9日に生命維持装置が取り外された。

近年は薬物中毒との闘いに悩まされてきたDMXだが、20年以上のキャリアを誇る彼は、メインストリームの舞台で最も成功..

【日時】2021年04月10日 09:11
【ソース】Rolling Stone JAPAN


【【米ラッパーDMX】全米チャートを席巻したラッパー、DMXが50歳で死去】の続きを読む


【コロナ患者無断外出】損害賠償も…宮城の宿泊療養者 無断外出で居酒屋へ


NO.9348040
損害賠償も…宮城の宿泊療養者 無断外出で居酒屋へ
損害賠償も…宮城の宿泊療養者 無断外出で居酒屋へ
緊急事態宣言の全面解除の後、各地で感染リバウンドの兆しが出ています。24日、宮城県では過去最多となる171人の感染が確認されました。

■宮城の宿泊療養者が“無断外出”で…

宮城県では、新たな問題も起きました。

24日、宮城県は仙台市内のホテルで療養していた40代と70代の男性が、無断で外出していたと発表しました。

このうち40代の男性は、23日にホテルを抜け出しました。

深夜になって、ようやく電話がつながり、施設に戻るよう説得しましたが、宮城県の会見で「仙台市内の居酒屋にいると、居酒屋の場所は言えないということで、居所が分からず、自分で別のホテルに泊まり、あす(25日)帰ると回答があった」と発表しました。

その後、男性は、別のホテルに泊まり、自宅へと戻りましたが、宿泊療養施設に戻る意思はないことから、自宅療養へと切り替わりました。

男性が行った居酒屋は、現在も分かっていないということです。

また、宮城県の会見で「無断外出した場合は、そのことに伴った経費の負担、損失は本人の負担になる。損害賠償請求があるということ。行方不明となった場合には、警察に連絡するということを入所者に理解頂くことを徹底していきたい」とも発表しました。

■仙台市長は“マンボウ”要請を示唆

宮城県では、17日からの一週間の人口10万人あたりの感染者数が30.53人と、全国で最も高い数字となっています。

仙台市の郡和子市長は「歯止めがかからない場合は、特措法に基づく緊急事態宣言、あるいは蔓延(まんえん)防止等重点措置ですね。これも、お願いせざるを得ないのではないか」と話しま..
【日時】2021年03月25日 14:20
【ソース】テレ朝news


【【コロナ患者無断外出】損害賠償も…宮城の宿泊療養者 無断外出で居酒屋へ】の続きを読む


【マセキ芸能社】マリエさんのインスタ告発で出川哲朗さんの所属事務所「今回の騒動について」の声明を発表


NO.9386089
マリエさんのインスタ告発で出川哲朗さんの所属事務所・マセキ芸能社 「今回の騒動について」声明を発表

タレントのマリエさんが4月4日にインスタグラムで行ったライブ配信が波紋を呼んでいる。15年ほど前、現在は引退している島田紳助さんからいわゆる「枕営業」をもちかけられ、同席していた出川哲朗さんらはその味方をしていた、という内容。
真偽は不明ながらも、出川さんに対してはネット上を中心に批判の声があがる。テレビ番組「出川哲朗の充電させてもらえませんか?」のアカウントのツイート等にも厳しい返信が寄せられるなどしていたようである。

出川さんの所属事務所であるマセキ芸能社は、サイトにて

今回の騒動について

https://www.maseki.co.jp/news/detail?news_id=2309

先日SNSの生配信で女性タレントが発言された内容について出川本人に確認したところ、番組の収録後の打ち上げで出演者、事務所関係者、番組スタッフなど大勢がいる場では同席したことが一度ありましたが、プライベートで食事に行ったことは一度もなく、お騒がせしているような事実はないと申しております。
 改めてお騒がせしたことをお詫び申し上げますとともに、今後とも変わらぬご指導のほどお願い申し上げます。

と、社長名義で声明を発表した。
この声明に対し、納得していないネットユーザーも多いようで、出川さんの「炎上状態」は続いているようである。

※画像は『Twitter』より



【日時】2021年04月09日
【提供】ガジェット通信


【【マセキ芸能社】マリエさんのインスタ告発で出川哲朗さんの所属事務所「今回の騒動について」の声明を発表】の続きを読む

このページのトップヘ