【Charaがライブ開催!!】 自身初単独日比谷野音公演開催! 9月デビュー30周年記念ライブ公演を発表!


NO.9688034
Chara 自身初単独日比谷野音公演開催! 9月デビュー30周年記念ライブ公演を発表!
Chara 自身初単独日比谷野音公演開催! 9月デビュー30周年記念ライブ公演を発表!
単独日比谷野音公演開催!
音楽でハグする。Chara が日比谷で出し切った愛と喜びと声なき歓声に溢れた2時間30分。
Chara 時を経て発売された大ヒットアルバム「Junior Sweet」で歌う複雑な女心
https://utaten.com/specialArticle/index/3669
7月18日(日)、日比谷野外大音楽堂でChara単独公演『Chara Live 2021 Sweet Soul Sessions ~Glitter~』が開催された。
映画「スワロウテイル」舞台は架空の日本!独特な世界観で描く円を巡る群像劇
https://utaten.com/specialArticle/index/5399
梅雨明け直後の晴天の下、緑の木々とビル群を臨む日比谷野音の客席は、ライブスタートを待ちわびる人々のピースな期待に満ちていた。
Earth, Wind & Fire の名曲『Let's Groove』のSEに乗ってバンドメンバーのGt.TAKU、 Ba.Shyoudog 、Dr.TAROW-ONE 、Key.井上薫 、Cho.⽵本健⼀、 Cho.⾼橋あず美 、 Sax.庵原良司、Tp.吉澤達彦 、Tb.半⽥信英が踊りながら順に入場Charaがステージ上に姿を現すと、着席していた人々はマスクをしたまま立ち上がり踊り出す。
そのまま継ぎ目なく、岡村靖幸作曲の『レモンキャンディー』のイントロがはじまると、みんな思い思いに体を揺らした。
羽を頭に、ドレスを体に纏ったCharaの声が空気を震わせ、それに会場の一人一人が呼応していく。共鳴のさまを体で感じることは、まさしく生身のライブの喜び。
「やったね。晴れたー。私たちステージではしゃいでいくから、みんなも楽しんでね」とCharaは言い、観客は手を叩き応える。
二曲目は『Junior Sweet』。吐息めいた深い声に韻シストバンドのGt.TAKU、 Ba.Shyoudog 、Dr.TAROW-ONE のグルーヴが重なり合い、ブラックミュージックのヴァイブスを体に感じさせる。
何にも似ていないCharaの声がエコーしながら日比谷の街に響き渡り、誰もが自然と体を動かした。「早く声出したいね!今日は夜まで一緒に楽しみましょう!」みんなの気持ちを代弁するようにCharaはそう言い、声に出せない喜びが会場を包んだ。
続いて3曲目は『cat』、「お空の下のディスコです」という前置きを挟み、観客は持参したタンバリンや鈴を使ってコールアンドレスポンスを行う。
新しい楽しさの発明は、人類が苦境に立たされるたびに行ってきた歴史であり、今ここにある小さくも確かな希望なのだろう。
「30周年イヤーということで、ちょっと昔の曲も歌っちゃうわ。歌えるかしら?」そう言って始まったのは、ファーストアルバム収録の楽曲『Sweet』。多層の布で構成された衣装を一枚外すと、Charaはより自由に、身軽に、歌い、動いた。
YEN TOWN BANDの楽曲『Swallowtail Butterfly ~あいのうた~ 』、『上海ベイベ』、初めて歌う曲シリーズと題して披露した『Little Bird』、夕焼けの会場でしなやかに歌った『タイムマシーン』、日が落ちて一曲目は、見事なライトワークとともに始まった『しましまのバンビ』で、会場は大いに沸いた。
ライブも終盤に近づき、完全な夜が訪れた。「いまなかなかハグしにくいじゃん?したいね。音楽でハグできたらいいね。」そう言って披露したのは、2013年のシングル『hug』。続いて『やさしい気持ちきもち』のイントロが流れると、観客は皆思い思いの方法で喜びを表現し、音楽のハグに応えた。
振り絞るように歌い切るCharaのパワーに圧倒されていると、ブレイクのタイミングで彼女はステージに寝転がり、そこに手紙が届いた。
もしかしてラブレター?ではなく、秋に開催予定のライブと特番の告知。拍手が鳴り止まない中始まったラストソングは、『Tiny Tiny Tiny』。
「これは始まりの歌。”私たち”ってはじめて歌った曲です。」とCharaは語り、キーボードを弾きながら愛おしむように歌った。合間に小さく挟んだ「ありがとう」という言葉が印象的で、ここにいるのは、確かに「私たち」なのだと感じる。
夜の日比谷のど真ん中で、ステージの光に照らされながら、名前も知らない多くの人が揺れている光景はどこか現実離れしていて、だからこそ、特別な共感が生まれる。
人の心や体を支える音楽の力を改めて実感した2時間半だった。二つに割れた半月を背に、全20曲のライブは終了。観客の誰もがお互いをそっと思いやるように、波が引いていくように、帰路についた。
7/18日比谷野外大音楽堂セットリスト
1. レモンキャンディ
2. Junior Sweet
3. Cat
4. Sweet
5. 愛のヘブン
6.あたしなんで抱きしめたいんだろう?
7. ミルク
8. 70% -夕暮れのうた
9. Swallowtail Butterfly〜あいのうた〜
10. 上海ベイベ
11. Little Bird
12. No Promise -A Scenery Like Me ver.-
13. タイムマシーン
14. 恋文
15. しましまのバンビ
16. Happy Toy
17. call me
18. hug
19. やさしい気持ち
20. Tiny Tiny Tiny
《放送情報》
「Chara Live 2021 Sweet Soul Sessions ~Glitter~」
放送日時:8/21(土) 22:00~24:00
放送チャンネル:フジテレビTWO
Photo by Takako Noel
Text by 長嶋太陽
【日時】2021年07月23日
【提供】UtaTen







#5 [匿名さん] :2021/07/24 01:58

またユキと曲出してー♪


#6 [匿名さん] :2021/07/24 02:55

>>5
Chara+YUKI良いよなあ
奇蹟のコラボだわ
'99年にもコラボしてたのは知らんかった


#7 [匿名さん] :2021/07/24 03:11

>>6バカだなぁ