2021年06月


【東京五輪児童・生徒81万人観戦計画】予定変更ナシに「誰が責任をとるのか」 保護者や教員の不安


NO.9500208
東京五輪児童・生徒81万人観戦計画に変更ナシ「誰が責任をとるのか」 保護者や教員の不安
東京五輪児童・生徒81万人観戦計画に変更ナシ「誰が責任をとるのか」 保護者や教員の不安
 IOCのコーツ調整委員長が21日の会見で、“緊急事態宣言下”でも大会を開催できると明言し、五輪開催がいよいよ濃厚になってきた。現時点で観客は入れる見込みで、学校の引率により、児童・生徒らも観戦予定だ。都教育委員会によると、“コロナ前”に策定された東京都内の公立小・中・高校などの生徒ら約81万人が観戦する計画については、「現時点で撤回する予定はない」といい、先日も教員らによる「集団下見」が実施されたばかり。保護者や教員からは不安の声が上がっている。

「新年度の保護者会で年間スケジュールが配布されたのですが、観戦行事がしれっと組み込まれていて、この状況なのに行くのかと驚きました。5月末に予定されていた運動会は最近延期が決まったばかり。運動会は延期で五輪は変更がないのはちくはぐだと思う」

 戸惑いを隠せないのは中野区の50代女性だ。年間スケジュールによると、小学5年の息子が8月上旬のパラリンピック競技を観戦する予定になっているという。

「こんな状況なら、やめたほうがいい。テレビでの観戦で十分」

 各学校で予定されている観戦行事は、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会が児童・生徒らが大会を観戦するために低価格でチケットを用意する「学校連携観戦プログラム」を活用したもの。都は観戦を希望する学校を募り、組織委が発行する「五輪連携観戦チケット」を必要な枚数分、購入する。都の教育委員会によると、同プログラムを活用した観戦の計画については、コロナ前の18年に都によって策定された。19年8月時点で、都内の公立学校(幼稚園・小学校・中学..
【日時】2021年05月22日 08:00
【ソース】AERA dot.

【【東京五輪児童・生徒81万人観戦計画】予定変更ナシに「誰が責任をとるのか」 保護者や教員の不安】の続きを読む


【東京・大阪の大規模接種センター ガラ空き状態】予約埋まらず全国の65歳以上に対象拡大へ


NO.9552126
東京・大阪の大規模接種センター 予約埋まらず全国の65歳以上に対象拡大へ
東京・大阪の大規模接種センター 予約埋まらず全国の65歳以上に対象拡大へ
防衛省は、新型コロナウイルスのワクチン接種を行う自衛隊の大規模接種センターについて、対象を、全国に住む65歳以上の人に拡大する方針を固めた。

10日にも発表する見通し。

自衛隊の大規模接種センターについて、現在、東京会場は首都圏の1都3県、大阪会場は関西の2府1県に住む65歳以上の人が対象。

しかし、来週14日から2週間の予約は、平均すると、まだ8割近い空きがある。

このため防衛省は、対象地域を全国に拡大する方針を固めた。

10日夕方にも発表する見通しで、自治体が発行する接種券を持っている65歳以上の人は、どこに住んでいても予約できるようになる。

さらに、これまで問い合わせ専用だった電話窓口でも予約が可能となる。

また政府は、65歳以上の対象年齢を64歳以下に広げることも検討している。

現在、接種券を持っていない人への対応などの課題について、政府内で調整を進めている。

【日時】2021年06月10日 11:42
【ソース】FNN

【【東京・大阪の大規模接種センター ガラ空き状態】予約埋まらず全国の65歳以上に対象拡大へ】の続きを読む


【ワクチン接種後の注意点】「ワクチンを接種すると、安心だと思われるかもしれませんが…」尾身会長から、ワクチン接種を終えた人々に7つのお願い


NO.9569472
「ワクチンを接種すると、安心だと思われるかもしれませんが…」尾身会長から、ワクチン接種を終えた人々に7つのお願い
「ワクチンを接種すると、安心だと思われるかもしれませんが…」尾身会長から、ワクチン接種を終えた人々に7つのお願い
新型コロナウイルス感染症対策分科会は6月16日、多くの国民がワクチン接種を終えるまでに取り組むべきポイントやワクチン接種後の行動様式などについて提言を取りまとめた。

自分自身のワクチン接種を終えたとしても、国民の多くがワクチン接種を終えるまでは、「マスクを着用すること」や「大人数の飲み会を控えること」を求めている。

■ワクチン接種後もマスク着用を
分科会は変異ウイルスの場合、同じウイルス量であっても感染しやすくなることや、感染者から排出されるウイルス量がより多いといったために、「3密」の条件に1つでも当てはまる場面やマスクを不適切な方法で着用していた場合に感染リスクが上がると指摘。

「変異株が出現した今、求められる行動様式に関する提言」と題し、7つのポイントを示した。

(1)マスクを鼻にフィットさせたしっかりとした着用を徹底すること。(感染リスクの高い場面では不織布マスクを着用。3密のいずれも避けること、特に人と人との距離に気を付ける)

(2)マスクをしっかりと着用していても、室内でおしゃべりをする時間は可能な限り短くし、大声を避けること。

(3)今まで以上に換気には留意すること。

(4)出来る限り、テレワークを行うこと。職場においても、(1)〜(3)を徹底すること。

(5)体調不良時には出勤、登校をせず、必要な場合には近医を受診すること。

(6)ワクチン接種後にも、国民の多くがワクチン接種を終えるまでは、マスクを着用すること。

(7)ワクチン接種後にも、国民の多くがワクチン接種を終えるまでは、大人数の飲み会は控えること。

..
【日時】2021年06月16日
【ソース】BuzzFeed

【【ワクチン接種後の注意点】「ワクチンを接種すると、安心だと思われるかもしれませんが…」尾身会長から、ワクチン接種を終えた人々に7つのお願い】の続きを読む


【駐在所で性行為】山梨県警も不倫で4人処分 女性警察官だけ退職


NO.9568862
「駐在所で性行為」山梨県警も不倫で4人処分 女性警察官だけ退職
「駐在所で性行為」山梨県警も不倫で4人処分 女性警察官だけ退職
5月28日、交番で性行為をして職務を怠ったなどとして、甲子園署に勤めていた女性と2人の男性を処分したと発表した兵庫県警。山梨県警でも類似事案が起き、男性警察官3人と女性警察官が処分を受け、このうち女性だけが退職していたことが「週刊文春」の取材で分かった。

退職したのは、南アルプス署に勤務していた30代前半で既婚者のA子巡査長。

「2018年春から同僚の男性巡査部長と不倫関係になり、その後も別の巡査部長や20代の巡査とも関係を持っていた。署は不倫関係を把握していたが、2019年4月、外部からの通報を受けて、内部調査を開始。調べに対して、A子も男性も関係を認めた。さらに駐在所で性行為をしていたことも判明したのです」(山梨県警関係者)

同年6月、山梨県警は「不適切な異性交際をした」として女性巡査長を本部長訓戒の処分に。本人は警察官を続けたがったが、署長が「前代未聞だ」と退職を勧めた。

「A子は依願退職しましたが、3人の男性はいまも県警に勤務しています。また山梨県警は彼らを処分したことを公表していません。兵庫県警では勤務中に性行為をしていたため、処分を公表し、女性巡査部長と男性巡査長は依願退職をしています」(同前)

当時の署長は、A子さんと男性3人が不倫関係にあったことを認めた上で、こう話した。

「『自分の将来のためにも辞めた方がいい』と勧めたのは事実です。生き恥をさらしていくのは、彼女のためにもならない。小さな町だし、噂はすぐ広まる。たとえば、不倫行為をした署員が生活安全課で相談にのって住民は納得するのか、という話もしました。最終的には納得したう..
【日時】2021年06月16日 16:00
【ソース】 文春オンライン
【関連掲示板】

【【駐在所で性行為】山梨県警も不倫で4人処分 女性警察官だけ退職】の続きを読む


【大阪パブオーナー殺人事件】大阪のカラオケパブ経営女性は失血死 スマホや凶器持ち去りか?


NO.9568596
大阪のカラオケパブ経営女性は失血死 スマホや凶器持ち去りか?
大阪のカラオケパブ経営女性は失血死 スマホや凶器持ち去りか?
大阪市北区天神橋4丁目のカラオケパブで経営者の稲田真優子(まゆこ)さん(25)が殺害された事件で、現場から稲田さんのスマートフォンが見つからず、遺体発見前日の夕方には電源が切れていたことが、捜査関係者への取材でわかった。大阪府警は、何者かが稲田さんを刃物で殺害後、発覚を遅らせるために持ち去ったとみている。

府警は15日、司法解剖の結果、稲田さんの死因は首の右側を複数回刺されるなどした失血死と発表した。左胸や腹部を深く刺されるなど全身に十数カ所の刺し傷や切り傷が確認され、11日午後に死亡したとみられる。

稲田さんは11日夕方に出勤して以降、店が入るビルの出入り口の防犯カメラに姿が映っていなかったことも判明した。店の従業員が11日夜に退勤する姿は映っていたといい、府警は11日午後8時の営業終了後、稲田さんが店に一人でいるときに襲われたとみて、周辺の防犯カメラ映像やスマホの位置情報記録などを調べている。

11日に稲田さんとSNSでやりとりした知人男性によると、送ったメッセージを稲田さんが読んだことを意味する「既読」の表示が11日夜以降はつかなくなったという。別の知人も同様に、稲田さんと連絡がつかない状態になっていた。

捜査関係者らによると、翌12日は午後3時に開店する予定だったが、男性客が午後5時半ごろに訪れた際には営業しておらず、ドアの鍵は閉まっていた。13日午後3時前も施錠されたままで、従業員が「稲田さんが昨日から出勤していない」と110番通報した。捜査員が13日午後4時半ごろに稲田さんのスマホにかけたところ、電源が入っていない状態だった。

稲田さんの遺..
【日時】2021年06月15日 21:20
【ソース】朝日新聞

【【大阪パブオーナー殺人事件】大阪のカラオケパブ経営女性は失血死 スマホや凶器持ち去りか?】の続きを読む

このページのトップヘ