2021年09月


【綾瀬はるか コロナ感染】コロナ感染で入院 3度陰性も4度目陽性「現在は回復に向かっております」


NO.9800392
綾瀬はるか コロナ感染で入院 3度陰性も4度目陽性「現在は回復に向かっております」
綾瀬はるか コロナ感染で入院 3度陰性も4度目陽性「現在は回復に向かっております」
女優・綾瀬はるか(36)が新型コロナウイルスに感染、肺炎の症状が見られたため都内の病院に入院したことが31日、分かった。所属事務所のホリプロが発表した。

 公式サイトによると、20日夜、微熱があったため抗原検査を行ったところ、結果は陰性。翌21日、念のため都内のクリニックでPCR検査を受けたが、これも陰性。その後も発熱が続き、再び抗原検査をしたところ、またまた陰性となった。

 さらに26日にクリニックを再診、抗原検査を受けたところ陽性反応が確認された。「自宅療養をしていましたが、肺炎の症状が見られたため都内病院に入院。現在は回復に向かっております」

 ホリプロは「濃厚接触者に当たると思われる方々には個別にご連絡をしております。ファンの皆様並びに関係各所にはご心配とご負担をおかけいたします。今後とも医療機関・保健所の指示を仰ぎながら、回復に専念するとともに、私どもとしましては、より一層感染拡大防止に努めてまいります」とした。

【日時】2021年08月31日 20:00
【ソース】東スポWeb

【【綾瀬はるか コロナ感染】コロナ感染で入院 3度陰性も4度目陽性「現在は回復に向かっております」】の続きを読む


【愛知フェス問題】フェス出演AK-69が謝罪も失望の声「ブチ切れて帰ってほしかった」


NO.9798357
【全文】フェス出演AK-69が謝罪も失望の声「ブチ切れて帰ってほしかった」
【全文】フェス出演AK-69が謝罪も失望の声「ブチ切れて帰ってほしかった」
愛知県常滑市「愛知県国際展示場」で29日に開催されたヒップホップ野外フェス「NAMIMONOGATARI2021」で、新型コロナ感染対策が不十分だったことについて、出演したヒップホップアーティストのAK-69が30日、SNSで謝罪文を掲載した。


 「主催者からは県のガイドラインに沿った万全な感染対策が成されているという話を聞き、出演させて頂きましたが、充分な対策が成されているとは言えない状況でありました」と、事前に確認していた状況と現場が違っていたことを説明。「HIP HOPシーンを牽引していく立場の人間として、自らは出演辞退、イベントの開催中止を主催者側へ提案すべきでした」と反省を示した。

 ライブ前はツイッターで「さあ名古屋NAMIMONOGATARIでカマシあげにいくか。ライブの格の違いを魅せたるわ。」とライブへの意気込みを示していたが、すでに削除されている。

 AK-69は、愛知出身でカリスマ的な人気を誇る。それだけにファンの失望も大きく、「とにかく悲しい」「ステージに上がればすぐに分かったんじゃないの」「こんな、感染症対策できてないフェスでライブ出来るか」ってかっこ良くブチギレて帰ってほしかった…」という声が上がっていた。

【以下、謝罪全文】

昨日8月29日(日)に愛知県常滑市にあるAICHI SKY EXPOにて開催された音楽フェス『NAMIMONOGATARI2021』への出演に関して、愛知県民の皆様をはじめ、国民の皆様に多大なご迷惑をおかけし申し訳ございません。

主催者からは県のガイドライン..
【日時】2021年08月30日 15:35
【ソース】デイリー

【【愛知フェス問題】フェス出演AK-69が謝罪も失望の声「ブチ切れて帰ってほしかった」】の続きを読む


【またも五輪で税金の無駄遣い】五輪組織委、未使用マスクなど500万円分廃棄 「保管場所ない」


NO.9799572
五輪組織委、未使用マスクなど500万円分廃棄 「保管場所ない」
五輪組織委、未使用マスクなど500万円分廃棄 「保管場所ない」
東京オリンピック・パラリンピック組織委員会は31日、五輪9会場で未使用の医療用マスクやガウンなどを計約500万円分を廃棄したと発表した。医療関係者への譲渡は手続きに時間がかかり、保管場所がないため捨てたという。

組織委によると、廃棄したのは確認できた分だけで▽50枚入りのマスク約660箱▽ガウン約3400枚▽消毒薬約380本で、購入分の1割前後。ビーチバレーの潮風公園(東京都)やサーフィンの釣ケ崎海岸(千葉県)など9会場で廃棄していた。パラリンピックで活用しようと、29日に確認したところ廃棄が判明した。

山下聡・大会運営局長は「保管する場所を用意せず、廃棄する事態を招いたことは大変申し訳ない」と謝罪した。パラリンピック後は東京都などに保管場所の提供を受け、可能な限り無償譲渡する。

東京大会を巡っては、五輪開会式で関係者用に用意された弁当約4000食など大量の食品ロスが判明。組織委は「飼料やバイオガスへのリサイクルもしている」と釈明していた。

【日時】2021年08月31日 16:57
【ソース】毎日新聞
【関連掲示板】

【【またも五輪で税金の無駄遣い】五輪組織委、未使用マスクなど500万円分廃棄 「保管場所ない」】の続きを読む


【硫酸男】『おい花森』硫酸男が事件1か月前、「ため口でバカにした」と被害者を脅す 計画的犯行で怨恨か


NO.9796273
『おい花森』硫酸男が事件1か月前、「ため口でバカにした」と被害者を脅す 計画的犯行で怨恨か
『おい花森』硫酸男が事件1か月前、「ため口でバカにした」と被害者を脅す 計画的犯行で怨恨か
東京・白金からおよそ1500キロ離れた沖縄県中城村。公民館近くの公園のベンチに腰かけていた男に捜査員が近付き声をかけた。

「花森だな?」

「いえ、スナガワです」

警視庁は東京メトロ・白金高輪駅で22歳男性に硫酸をかけた傷害の疑いで公開手配していた静岡県静岡市葵区二番町の静岡大学農学部に通う大学生、花森弘卓容疑者(25)を8月28日朝に沖縄県内で逮捕した。事件発生から4日でのスピード逮捕となった。捜査員に問いかけられた花森容疑者は当初は偽名で答えたが、問い詰めると「花森です」と認めたという。

28日夜に那覇警察署から警視庁高輪警察署に移送された花森容疑者。報道陣の問いかけに応えることはなく、複数の捜査員に囲まれて署内に入っていった。

捜査関係者によると、調べに対して花森容疑者は当初は「今は話したくない」などと答えていたが、最近になって「名字をため口で呼ばれて腹が立っていた」と供述しているという。

「花森は被害者と琉球大学の映画サークルで一緒だった。そのとき呼び捨てにされた、生意気だと動機を語り、許せないと言っている。被害者の自宅を知ろうと、琉球大学の映画サークルの部室までいって名簿などを探したそうだ。ただ、花森は、映画サークルに入ったのは2年生の頃でその後、琉球大学を中退している。被害者は花森のことをよく知らずに喋っていたようだ。7月下旬、花森は被害者の勤務先をつきとめ、地下鉄などに一緒に乗り込み、つきまとった。事件現場の白金高輪駅近くの公園で『なぜ。ため口で話したのか』『俺のことをバカにしていたのか』などと詰め寄ったそうだ。自宅..
【日時】2021年08月30日 16:00
【ソース】AERA dot.

【【硫酸男】『おい花森』硫酸男が事件1か月前、「ため口でバカにした」と被害者を脅す 計画的犯行で怨恨か】の続きを読む

このページのトップヘ